回線の安定度でプロバイダー比較すると?

インターネットをする時、繋がり易さや速度は、プロバイダー毎に違います。

インターネットの回線の安定度については、パソコン本体の問題もありますが、理由の1つがプロバイダーになります。

どこも同じではありませんので、「ここは早いけど、そっちほうが遅い」と言う事もあり得ます。

安定度や速度が違うのは、抱えている顧客数や回線の帯域幅が関係します。

一般的には顧客を多く抱えているところ程、1人あたりに与えられる帯域幅が少なくなり、遅くなります。

だからと言って、顧客数の多い大手が遅いと言う事はなく、むしろその分大きい回線を使うので、1人あたりの帯域幅は一概にどこが少ないとも言えませんよね。

どこの回線が良いと言うのも、実際に比較して情報を知らなければ分かりませんが、そんな時に役に立つのが口コミやレビューやランキングになります。

もちろん、公式情報で回線事情を開示しているプロバイダーも少なくありません。

プロバイダーを比較した中で、おすすめはASAHIネットやau one netがあります。

ASAHIネットは、業界でも1位2位を争う程回線は安定しており、料金も安いです。

au one netも回線の安定度はピカイチで、速度もトップクラスになります。

比較をしたとしてもインターネットを最初のうちはあまり回線の安定度について、気にならないと思います。

しかし、より高等な情報技術を行う程、回線の遅い早いが目に付いてしまいます。

特に仕事で使っている人にとっては、安定度は他の何よりも重要視すべき問題になります。

プロバイダー比較なら
プロバイダー比較.netは、フレッツ光やADSL選びで悩む方にキャンペーンや料金比較でおすすめをご紹介。
xn--eckwc2b1a4i1d2583c02sc.net/

プロバイダー乗り換え
プロバイダー乗り換えのための料金比較やキャンペーン特典を調査、乗り換えを考え中の方はこちらへどうぞ。
xn--r8j3g1c6e6cwbykxep450a073b.com/

戸建とマンションのプランがあるけど、なぜ別なの?

プロバイダと契約するときに、戸建なのか、マンションなのかと聞かれたことがおありでしょう。

なぜかといえば戸建とマンションとではサービスプランが変わってくるからです。

では、いったいなぜプランが違うのか。

その理由は次のようなもの。

ずばり、回線の敷設費が、戸建とマンションとでは違うからです。

通常の電話回線を利用したADSLであれば戸建だろうがマンションだろうが、基本的に料金は変わらないか、変わったとしても些細なものでしかありません。

なぜなら電話インフラはほぼ100%に近いかたちで整っているからです。

全国津々浦々、この日本においてはどこに行っても電話は掛けられるわけです。

しかし一方で光回線はそうはいかない。

一般的になってきているとはいえ、まだまだ普及率、敷設率は低い。

そのため、光回線を利用しようと思えば、回線が引かれていないならば当たり前ですが回線を引かないといけない。

そうなった場合、戸建とマンションとでは敷設費に違いがでてくるわけです。

どういうことか。

それは効率の問題。

プロバイダとしては戸建に引くよりも、マンションに引く方が一度に多くの端末へつなぐことが可能になるため、効率がいいわけです。

なので、料金でみれば戸建よりもマンションの方が割安となる傾向が生まれるわけです。

料金的にはそう違いがあるわけではありませんが、以上のような理由で、戸建とマンションとではプランに違いがでてくるのでしょう。

ぜひご参考までに。

光回線の料金比較
光回線料金ガイドではフレッツ光の基本から、初心者におすすめのプロバイダ選びの比較情報までご案内します。
xn--54qx9kipoutxgew.net/

▲Pagetop

カレンダー

2014年7月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

月別の投稿一覧